ハワイで挙式をあげた

国内で結婚式をあげるのもいいけど、海外でのリゾート婚も捨てがたい・・・そういう女性が増えているようです。私も実際ハワイで挙式をあげたのですが、リゾート婚は開放的でとても印象にのこりました。

私たちがハワイ挙式をきめたのは遠距離恋愛だったからです。どこで結婚式を挙げても、招待者の大多数を飛行機での移動にしてしまい大変なため、両家だけでハワイへいき式をあげることにしました。

国内と海外挙式の準備で大幅に違うのは、式に関する準備が楽ということです。国内だと招待者や席順、料理など色々と決めることも多いですが、海外で身内だけだと旅行のプラン決めぐらいで後はプランナーに意見を伝えるだけですみます。

ドレスは購入する人もいるようですが、私は式が終わった後保管するのも場所をとるのでレンタルを選びました。レンタルは国内で試着して、同じものを現地で借りるという方法です。インナーやヘッドドレスなどは購入しなければいけませんが、他はほとんどレンタルできます。ヘアメイクも事前にリハーサルをしていれば、当日時間がないなか慌てることもなくすみます。

そして、当日の流れですが、ホテルの部屋で準備が進むところが国内とは違った点ですね。宿泊先にブーケが配達され、メイクもドレスやタキシードの着替えも部屋で行います。メイクさんも日本人の場合が多いので、言葉の問題はありません。
ホテルの中をドレスで歩くのは少々恥ずかしいですが、すれ違う人から祝福してもらえるのは感激ですね。

このような感じで私たちは海の見える教会でアットホームな結婚式をあげました。家族もアロハシャツとムームーで南国気分はばっちり!広大な敷地の教会でフラワーシャワーに、ガーデンパーティ。
どれもいい思い出になりました。ビーチフォトでは透明な海で記念にのこる写真ができあがりました。

結婚式を海外であげるというとなんだか大変なイメージがあるかもしれませんが、意外と両家も乗り気でスムーズにいきました。私たちもとっても楽しかったので、いい思い出になっています。

靴 手入れ

ブランド買取 大阪

リンク